神戸 子ども 目の病気 通電治療 いしはらクリニック

いしはらクリニックHOME > 通電治療

通電治療

通電治療

通電治療とは

水晶体は透明で軟らかく、見たい距離に合わせて、水晶体を支えている毛様体筋(ピントを調整する筋肉)を緊張させたりゆるめたりして、厚みを自在に変えることが出来ます。この力を調整力といいます。

ところが、近くのものばかりを見続けていると、毛様体筋が緊張し続け、いざ遠くを見ようとしてもすぐにはピントが合いづらくなります。睡眠を充分にとり、しっかり眼を休めると、自然に治ることもあります。
自然に治らない場合、この段階で「通電くん」による通電治療をすると、元の状態に戻せます。
慌てて眼鏡を掛けると、立派な近視になってしまいます。

通電治療のしくみ

微弱な電気を放出した電極棒を目の周囲に当てます。硬くなった毛様体筋を、電気刺激によってマッサージし、血流をよくし、従来の治療法では効果がなかった、視力の向上や調整力の回復を目指すものです。治療時間は5分です。
通電治療

最近の子どもは、携帯型ゲーム機、テレビ、パソコンのディスプレイ、携帯電話の小さい画面など近くばかりを長時間にわたって見続ける作業がほとんどです。そういう生活習慣があると毛様体筋はいつも緊張して、近くにピントを合わせている状態になります。この緊張をとるのが、「通電くん」による通電治療です。

治療費

通電治療 953円(税抜き)
通電治療+視力検査 1,905円(税抜き)

初回は眼科の受診が必要です(視力低下が原因か、調整力低下によるものか、他の原因によるものかの見極めが必要なためです)。

通電治療をご希望の場合は、必ずお電話(078-261-8971)にて
ご予約ください。

▲ページの先頭へ戻る